信用取引を使うメリット

信用取引を利用する事で証拠金以上の取引を行う事ができます。証拠金以上の取引ができれば資金の少ない投資家でも資金部毒を理由に投資機会を失わずに済みます。その時投資すべき対象の株式に幅広く投資していく事が最大限に利益を出す事に繋がるので、投資機会を無駄なく活かす事は資産運用を行う上で大切な事なのです。あくまで投資の幅を広げるのを目的に使い、投機性の高い投資にすることを目的にしないようにするべきです。

信用取引のリスクを理解する

信用取引を使って証拠金以上の金額を取引するという事は短期間で大きな利益が出やすい分、短期間で大きな損失が出る可能性もあります。その為損切りを躊躇しない判断力が重要になります。また信用取引を使うという事は入金した証拠金以上の損失が出る可能性がある事も理解した上で利用しなくてはなりません。ほとんどの業者が追証が出ないように証拠金と損失額が同じになったところで強制的に決済するシステムを導入しています。これを強制ロスカットと言いますが、これは投資家が追証を出さないように配慮したものです。しかし強制ロスカットが常に正常に行われる訳ではありません。急激な株価の大暴落が起きると売り注文が間に合わずに結果的に追証が出てしまう事もあるのです。当然そのような事態になったとしても追証の支払いが免除される訳ではないので、強制的に決済されるシステムがあったとしても基本的に自己責任です。その為自分で株価をこまめに確認して判断する必要があります。

信用取引は、空売りと呼ばれる特殊な売買が可能となっています。高く売って安く買い戻す空売りを駆使することで、下落相場においても利益を生み出せます。