早すぎる自己破産に注意

複数の借入先からの借金があったり、借金の総額が多いなどして、借金を返済するめどが立たない場合には自己破産をするケースがあります。自己破産をすることによって、返済に追われることはなくなりますが社会的な信用を失ってしまうということが大きなデメリットです。自己破産は最終的に返済能力がない場合には避けることができない選択肢ですが、手続きには時間がかかることがあります。手続きを行っている途中で過払い金が見つかった場合にはその過払い金を手続きや、様々な支払いに対して利用することができます。自己破産をする前には、これまでの返済先や内容について事前に弁護士や司法書士に相談して、過払い金がある可能性がないかということを調べておくことがポイントです。

自己破産の後でも申請できる

自己破産の手続き中であったり、既に自己破産をしてしまった後でも万が一、過払い金がみつかれば、申請をすることが可能です。裁判所からも過払い金がないということを調べる旨を記した指摘をされることがあります。過払い金を見つけることで少しでも支払いを行ったり、状況を好転させることができるので司法書士など法律のプロに相談をすることが重要です。自己破産は、借金を返すことのできない状況に陥ってしまった国民を助けるための日本の仕組みの一つです。裁判所で債務整理が行われるため、頻繁に行うことができるものではありません。事前に他に方法がないかということを考えてから行うことが大切なのです。

自己破産とは、借金の返済能力がないことを裁判所に認めてもらう債務整理のことで、免責されると全ての借金返済義務が免除されます。