インテリア専門学校の選び方のポイント1

インテリアの仕事がしたい!と夢をもっていても仕事や専門学校の知識がある方は少ないです。専門学校を選ぶポイントとして1つが自分がどのようなデザインの仕事をしたいか明確にすることです。インテリアを学びたい場合はデザインの専門学校に通うことになります。デザインといっても広く大きくグラフィック、プロダクト、そしてインテリアの3つに分けることができます。そしてそれぞれの中に細かい専門的な違いがあります。なので名称だけでなくなにを学ぶのか細かい内容を知ることが重要なポイントとなってきます。

インテリア専門学校の選び方ポイント2

2つ目に重要なポイントが卒業後の就職先です。細かい授業内容がわかっても自分がやりたい仕事に繋がるのかわからない場合は卒業生がどのうよな就職先に就いたか知ることが必要です。そうすれば授業内容と自分がやりたい仕事が繋がっていきます。インテリア会社の就職先は建築設計事務所、不動産会社、家具メーカーなどがあります。専門学校だけでなくこのように将来の就職先の知識も選ぶ上では必要となってきます。

インテリア学校の選び方ポイント3

3つ目は学校の設備の充実度を知ることです。授業で扱うソフトウェアや機器が最新の物か調べてみるのも必要です。実際の制作の現場では最新のソフトを使用してデザインを行っているため、実践で使うソフトや機器を使えるようになることが必要となります。これは就職の採用にも大きく影響していきます。専門学校のオープンキャンパスに参加して設備をチェックするとわかりやすいです。

インテリアの専門学校では、デザインのしかたや美術の基礎を習います。また、芸術的な分野も習うことが多いです。