単位制高校は通信制が中心

w通信制を中心に単位制を取っている高校が多いですが、近年では通信制だけでなく全日制でも単位制を取る学校が増えています。高校のカリキュラムを単位制にすることで、早いうちに多めに単位を取って、受験シーズンとなる3年生の段階で授業時間に余裕が出来、受験勉強の時間も取りやすくなるのがメリットです。ですが、単位制を取っている全日制の高校では学校で取ることの出来る授業の制限を設けていたりすることで結局は学年制とあまり変わらないのが現状と言えます。単位制を取っている通信制高校に関しては、実際に2年生のうちに卒業に必要な単位を取ることが出来ます。そのため、高校生から通うことの出来る専門学校では通信制高校とのダブルスクール制を取っている学校が多く、専門学校で普段は専門的な知識を学びながら、高卒の資格も取得できるというシステムはこのようになっているのです。そのため、専門学校を卒業する最後の学年である3年生では専門的な勉強に専念することが出来ます。

単位が取れなかった場合は大丈夫なの?

やはり単位制高校に通う上で気を付けておくべき点は「単位が全てである」ということです。学年制高校では救済措置として追試やレポートの提出があり、出席日数などでもテストの結果をカバーすることは出来ますが、単位制高校ではそれをすることが出来ません。そのため、卒業に必要な単位を取らなければ卒業が不可能になってしまいます。ただ、テストの点など、単位を取得するための条件をしっかり満たしていれば単位を取ることが出来るので、基本的に単位を落とすということはあまりありません。

不登校になっても単位制高校へ通っていれば、高校卒業資格が取得できるので、単位制高校でしっかり学ぶことができます。