税金ってどうやって算出されるの?

まず、税金とはなんなのか、税金とは、基本的に年間の収益から費用を減算した、純利益というものにかけられるものを指します。経費(費用)として計上できるものを増やすことが出来れば、その分純利益が減少する事となる為、税金対策になる、というわけです。個人事業主等、事業を自分で行っている方は、様々な物をその事業に対しての経費として落とすことが可能です。今回は身近にある様々な経費として落とせるものを一部紹介していきます。

様々な身近にあるものが経費として落とせます

事業に使用していると認められるものであれば、様々な物が経費として落とすことが可能です。例えば「乗用車」、事業用のみならず、プライベートに使用している場合においても、仕事等に使用している日数を正確に計算する事が出来れば、ガソリン代、修理費用、保険費用等のその乗用車を使用する為に使われた金額を、収益をあげるための費用として計上することが可能です。これは、住宅にまつわる家賃、水道光熱費や、通信にまつわるインターネット代金も同一であり、「事業の為に使用している」ということの証明が出来るならば費用として計上する事が出来ます。

費用計上は税理士さん等と相談してから行いましょう

この他にも費用として計上する事が可能なものはまだまだ存在しますが、その費用を無理やり全て収益の為の費用として計上することは厳禁です。もし税務署の調査が入り、その費用が認められないということがはっきりしてしまうと「脱税」として様々なペナルティを課される事となります。なので闇雲に費用計上するのではなく、まずは税理士さん等の税のプロに相談をしてから行なうことが賢明であると言えるのです。

税理なら岡山の周辺の信頼できる専門家を探すことで、税金の申告漏れなどの様々なリスクに備えることができます。