オンライントレードって?

オンライントレードとは、インターネットを活用して、投資信託や株式などの取引を行うことができるサービスです。店頭よりも手数料が安く、自宅のパソコンや携帯電話を使って取引が可能です。また、充実した自動売買システムや取引ツールがあり、銘柄検索(スクリーニング)などは無料で使用でき、有料の株式新聞(モーニングスター社発行)も無料で読めます。株価の推移をほぼリアルタイムで確認でき、店頭だとやり辛い少額の株の購入も気兼ねなく行うことが出来ます。さらに、オンライントレードは他人と交流する必要がないので、証券マンの勧誘に影響されることはありません。このような利点が注目され、オンライントレードの利用者は年々増えています。

オンライントレードを利用する際の注意事項

オンライントレードを利用する時、気をつけたいことが2つあります。まず1つは、注文する時に入力間違いをしないことです。基本的なことですがとても重要です。300株買うはずが1ケタ増えてしまい3000株になってしまった、売ろうとしたはずが誤って買い注文をしてしまった、というようなケアレスミスは誰にでも起こりうるものです。細心の注意を払い確認しましょう。もう1つは、パスワードやログインIDを忘れないことです。これもまた基本的なことですが、忘れると証券会社に連絡し再発行をして貰わなければなりません。余計な手間がかかるので、常に忘れないようにしておきましょう。この2つの注意点を忘れず、オンライントレードの魅力を十分に堪能してください。

信用取引の担保とは保有している資産や現物株を指します。担保に入れることで、レバレッジをかけて取引をすることが可能になります。