証券会社選びのポイント!

株の取引は証券会社を通してしかすることができないため、証券会社はしっかりと選んだ上で決めることが大切です。しかし、証券会社を選ぶと言っても何を基準に選べばいいのか、悩まれる方は多いと思います。ざっくり言いますと、証券会社を選ぶときは手数料とサービスに着目してください。まず手数料についてですが、証券会社に出向いて取引する場合とネットで取引する場合とに大別できます。こちらはネットで取引する方が格段に安いので、手数料で考えるならばネットの方が断然おすすめです。次に、一口にネット証券といっても、証券会社によってその手数料は様々なもの。取引額や取引回数など、証券会社毎に特徴がありますので、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。そして、サービスについてですが、ログイン画面の使いやすさ、使える投資情報ツール、取り扱っている商品などをチェックしてください。ネット証券の口座開設は無料で出来ますので、自分にあった証券会社を実際に使いながら確かめることができます。

証券会社を選んだら株を買おう!

証券会社を選んだら次は株の購入です。購入の仕方にもいろいろあるのでそれをご説明します。まずは「単元株」についてですが、1株、10株、100株といったように銘柄によってその単元が違います。そのため、単元株を購入する場合は、単元×株価の資金が必要ということになります。次は「ミニ株」です。これは単元株の10分の1で取引ができる制度です。そして「単元未満株」は、単元に関係なく1株で取引できる制度です。最後に「累積投資」は、1銘柄につき月1万円以上1000円単位の資金で買い付けていくことで、手の届かない単元株を買う方法です。

株の信用取引は証券会社から資金を借りて取引を行うことです。証券会社に現金など一定額の委託保証金を担保として預ける必要があります。株の信用取引を行うには証券会社に信用取引口座設定約諾書を提出します。