株取引における最大の課題は銘柄選び!

儲けようと思って始める株取引で最も重要な課題は、利益を出すことでも損失を押さえることでもありません。それは紛れもなく『銘柄選び』です。どんなに利確や損切が上手かろうと、そもそも利益が出る銘柄を探し出せなければ利益を出すことはできません。逆に、利確のタイミングがまずかろうとも、ちゃんと利益が取れる銘柄が選べれば、それだけで株取引の大半は成功していると言えます。しかし、実際に日本で株取引できる上場銘柄は3500社を超えているのが現状です。これらの中から1秒単位で株価が推移する銘柄を探し出し、どういった取引をするのかを瞬時に察知して行動に移すことができなければ、株取引で儲けることは不可能です。つまり株の銘柄選びこそが最も重要な課題であり、株取引の初心者にとっては最大のリスク要因だと言うことができます。

株で儲けるために重要なことは株価の上昇ではない!

初心者に株取引で最も重要なことが何であるのかを聞くと、軒並み「株価が上昇すること」と答えます。確かにそれは一面の真実ではありますが、正解の全てを満たした回答とは言えません。株取引においては、株価の下落で儲けることができる信用取引の空売りもあります。経済状況が悪くて株価が下落していても、株取引で儲けることはできるのです。株取引で重要なことは、即ち『値動き』です。現物取引を主眼に置いた初心者セミナーなどではなかなか教えてくれない場合がありますが、そもそも株価が動いてくれなければ、利益はおろか損失すらも出ることはありません。少し株取引に携わってみればわかりますが、上昇でも下落でも、しっかりと株価が動いてくれる株こそ、株取引するに当たって優良な銘柄なのです。

信用取引とは、投資の資金を証券会社から借りて取引することを言います。株の信用取引で資金を借りる以上は、それに対する対価を支払う必要があります。対価として支払うものが、株の信用取引の金利というわけです。