非課税投資枠NISAとは

2014年1月より導入された「小額投資非課税制度」を指します。小額投資非課税制度は、日本における株式投資と投資信託に対して、その売却益と配当金にかかる税金を非課税にするとした制度です。年間120万円までの投資金額において、その利益が非課税となります。非課税期間は5年であり、翌年への繰り越しはできませんが、最大600万円までを非課税とすることができます。2014年~2023年までの10年間と、期間が定められているので、利用を考えるのであれば早めの手続きをおすすめします。NISAの口座は、ネット証券に総合口座を作り、NISAの資料を取り寄せ、必要事項を記入して提出することで作ることができます。

NISAに合う投資方法と注意点

NISAには特定口座や一般口座にはないルールがあります。中でも注意しなければいけないのは、NISA口座にある資産を売却すると再びその口座を利用することができない点です。つまり、120万円分の株式をNISA口座から売却してしまうと、損益に関係なくその年の非課税枠がなくなってしまうということです。そのため、NISAを利用するのであれば長期保有を考えている株で利用するのがおすすめです。さらにもう一点、注意すべきことがあります。NISAと共に特定、一般口座の運用をし、損失が出てしまった場合、損益の相殺ができないという点です。2つの口座を運用していたと仮定します。その際、NISA以外の口座であれば±0の場合、税金はかかりません。しかし、NISAで損失を、その他の口座で利益を出した場合、利益の分に税金がかかることとなります。そのため、NISAを利用するならば、しっかりと検討することが大切です。

株式の信用取引の金利の相場を把握することで、各自の予算の事情に応じて、スムーズに投資活動を継続することが可能です。