転入と編入のどちらを導入しているか調べる

高校を転校する際には、転校先の高校へ入る時の方法として転入が一般的ですが、中には編入しか受け入れていない場合があるので要注意です。転入ならば、既存の取得済み単位数に合わせて学年が決められて、3月8月12月といった期末時期に募集が行われています。編入に関しては、卒業に必要な単位数に対して取得済み単位の評価だけでなく、編入試験を受験しなければならないので、ハードルが高くなりがちです。高校を転校する理由によって、受け入れ先の高校で試験の有無や条件が変わってくるので、事前に問い合わせを行ってから手続き準備を始める必要があります。編入であれば、本来は既に高校中退した人向けの制度ですから、転入制度が無い場合に例外的に行われると考えておけば良いでしょう。

転入ならば現在の学校から手続き開始する

新しい高校に転入する際には、最初に連絡するのは現在通学している高校という点を間違えないようにしなければなりません。なぜなら、転入先の高校へ問い合わせをする際に、在籍証明書や成績証明書だけでなく転学照会書が必要となるので、先に現在の高校から作成して受け取っておく必要があります。転入学が認められた段階で、すぐに必要書類を全て提出しなければ新学期に間に合わないので、高校の転校手続きは現在通っている学校次第となります。転入試験が実施されることがあるので、転入試験の内容や日時について調べて準備しておかなければなりません。全ての準備が終わって無事に転入手続きが完了して、初めて高校の転校手続きが終わります。具体的なやり取りは、書面準備が出来ていれば高校間で行ってくれるので、最初の書類準備が重要です。

高校を転校する場合は様々な注意点があります。同レベルの学校であることや前の学校での成績如何によって認められる場合と認められない場合があります。